ホーム施術のご案内
メニューご予約0120-89-2152

整骨施術

寝違え

寝違え

首の痛みは様々の症状の原因になります。早めに治療を行うことで身体の調子の改善に繋がります。

シンスプリント

シンスプリント

シンスプリントは、「脛骨疲労性骨膜炎(けいこつひろうせいこつまくえん)」と呼ばれ、骨膜に炎症をおこすことで痛みを生じます。 スポーツ障害の1種として10代の部活などをされて...

オスグット

オスグット

オスグットは、小学校高学年くらいから、高校生くらいまでに多く見られる膝の下に起こる痛み・炎症です。 成長期によく発症するため、成長痛といわれることもあります。 特に、スポー...

テーピング治療

テーピング治療

痛めた関節や筋肉の保護・サポートを行います。保護・サポートを行うことにより痛みで動けなかった関節・筋肉が動きやすくなります。捻挫・肉離れなど急性期のケガなどに効果的です。

膝関節症

膝関節症

正式には「変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)」と呼ばれおり、大腿骨と脛骨とのバランスが崩れ、膝のクッション代わりとなる軟骨部分が磨り減り、骨同士がぶつかり合っ...

ぎっくり腰などの腰の痛み

ぎっくり腰などの腰の痛み

腰の痛みは重い物を持ったり、無理な体勢をしていると起こります。腰は、重要な部位です。一度痛めると日常生活に支障をきたし、ギックリ腰などは酷い場合、全く動いけない状況にもなり...

交通事故施術

交通事故施術

交通事故による様々なケガ治療は、実績と信頼の中央整骨鍼灸院にお任せください。無料カウンセリングにより、ひとりひとりに合せた治療はもちろん、専門スタッフによる自賠責保険取扱い...

四十肩

四十肩

正式には「肩関節周囲炎」といわれており、40代。50代の方に多く見られ、肩関節のまわりに炎症が起こることで発症します。腕を広く動かせる肩は、複雑な構造をもつ肩関節は炎症が起...

矯正治療

骨盤・背骨矯正

骨盤・背骨矯正

矯正治療は患部周辺だけのマッサージや徒手矯正だけでなく全身的な調整を図るために頭の先から足の先までを調整(手を使って矯正)していきます。基本的にはボキボキ鳴るような治療等は...

肩こり・頭痛

肩こり・頭痛

肩こり・頭痛に悩まされている方は多くいらしゃいます。仕事や家事のストレスなどから血流が悪くなり、発症します。長時間パソコンと向き合っている方やデスクワークが多い方等、お悩み...

腰痛・ぎっくり腰

腰痛・ぎっくり腰

腰痛は重い物を持ったり、無理な体勢をしていると起こります。腰は、重要な部位であり一度痛めると日常生活に支障をきたし、ギックリ腰などは、全く動いけない状況にもなります。また、...

手足のしびれ

手足のしびれ

長時間座っていることが多い方や、日頃から肩こりや頭痛でお悩みの方などの二次的症状として発症されている方を多く見られます。日常生活に支障がない程度でも、そのままにしておくと関...

鍼灸治療

不妊外来について

不妊外来について

基本的に『体質改善』を目的とした治療を行います。手・足・腰の冷えのを感じていらっしゃる方が多いですので『冷え』の症状改善も同時に行います。婦人科での治療内容をお聞きして、そ...

花粉症

花粉症

花粉症辛いですよね。鍼灸治療で免疫力を高め、アレルギー反応をコントロールをすることにより花粉症の症状を軽減することができます。花粉症が悪化する原因としてストレス、寝不足、不...

冷え性

冷え性

手足の冷えは様々な二次的症状を引き起こします。例えば便秘や不眠、だるさなど悩まされていませんか?そのままにしておくとそういった症状が発症することもありますので、是非お気軽に...

ぎっくり腰

ぎっくり腰

腰痛は重い物を持ったり、無理な体勢をしていると起こります。腰は、重要な部位であり一度痛めると日常生活に支障をきたし、ギックリ腰などは、全く動いけない状況にもなります。また、...

腕・手のしびれ(頚肩腕症候群)

腕・手のしびれ(頚肩腕症候群)

パソコンなどの作業を長時間行うと手や腕にしびれが出ることはありませんか?症状を放っておくと指先のしびれや力が入らないなどの症状を引き起こして日常生活に支障が出ますので、お早...

四十肩・五十肩

四十肩・五十肩

正式には「肩関節周囲炎」といわれており、40代。50代の方に多く見られ、肩関節のまわりに炎症が起こることで発症します。腕を広く動かせる肩は、複雑な構造をもつ肩関節は炎症が起...

インディバ

インディバ

医療・美容、両分野から高い注目を集めている「INDIBA ProRecovery」(インディバ)を導入しております。 インディバは予防美容(アンチエイジング)からダイエット...

耳つぼダイエット

耳つぼダイエット

ネットやTVなどでよく取り上げられる耳つぼダイエットですが、質問が非常に多いので説明をさせていただきます。まず最初に申し上げたいのは『これをやれば必ずやせられる』と、言うも...

柔道整復(整骨)の保険診療

整骨治療の場合、基本的には急性または亜急性といわれる外傷性の負傷である捻挫、打撲、挫傷、肉離れなどが対象になります。 骨折や脱臼で接骨院にかかる場合は医師の同意が必要となっています。(応急処置は医師の同意がなくても受診できます) レントゲンや縫合等の外科手術が必要な場合は病医院をご紹介いたします。また当院では超音波にて骨や筋肉等の観察を行いますが、これも保険外治療です。

捻挫(ねんざ)

ぎっくり腰になった場合。重い荷物を持って腰をひねった場合。関節に無理な力がかかって痛めた場合。 転んだり、足を踏み外して足首などをひねってしまった場合。 手を突いて手首をひねってしまった場合など

打撲(だぼく)

ぶつけたり、打ち付けられたりして患部が腫れたり痛みが出る場合 。テニスをしていてあやまってラケットで手を打ってしまった場合。突き指をしてしまった場合など

挫傷・肉離れ

運動中に急に痛みだした肉離れなどの場合。 走っていて太もも、ふくらはぎが痛くなった場合。就寝中に足がつり、起床後も足が痛む場合など

治療期間中に注意していただくこと

同じ部位の治療で病医院と整骨院に同時に通院することはできません。もちろんX線・MRI撮影等の検査のために病医院に行くことは可能です。

治療終了後についての注意事項

領収書(レシート)を保管してください。 ・確定申告の時に医療控除の申請をする手続きの際に必要です。 (一年分まとめて発行も出来ます) ・治療後2~6ヶ月後に加入している保険者から療養費の請求(整骨院の受診内容)が正しいかどうかを確認する書類が届くことがあります。書類が届きましたら当院までご相談ください。 (健康保険の適正使用を確認するもので整骨院での使用を制限するものではありません)面倒くさがって書類を適当に書いて、当院からの療養費の請求内容と食い違いがある場合、療養費は全額患者さんの御負担になります。 当院では、患者さんに対する施術記録その他を5年間保管しておりますのでご遠慮なくご相談ください。

柔道整復(整骨)の療養費は『受領委任払い』と呼ばれ病医院の保険システムとは少し違います。整骨院の保険治療費の請求は、本来患者さんが保険者(国保や社保、健保組合、共済組合など)に請求する業務を整骨院が患者さんに代わって請求するシステムになっています。当院に医療費の請求を委任すると言う意味で加療中は療養費支給申請書に毎月署名を頂きます。ご不明な点はお気軽にご相談ください。

鍼・灸の保険診療

保険で鍼・灸治療が受けられる病気

  • 神経痛
    • 痛む部位は問いません。いわゆる神経痛です。
  • リウマチ
    • 手・足などの関節がはれて痛む動かせないなどの症状です。
  • 腰痛症
    • ぎっくり腰、腰が痛む、重い、だるいなど腰を中心にした症状です。
  • 五十肩
    • 肩の関節が痛い、腕が上がらない、腕の付け根が痛むなどの症状です。
  • 頸腕症候群
    • 首から腕への痛み、しびれ、手が挙がらない
  • 頚椎捻挫後遺症
    • 事故後等の痛みいわゆる「むち打ち症」です

注意する事項

  1. 併用治療について
    • ※鍼灸の保険治療中は、同じ病名で病医院での治療・投薬(シップ等も含む)が受けられません。
    • ※他の病気や痛みで病院にかかることは問題ありません。
  2. 3ヶ月ごとに医師の同意書が必要です。
保険治療の手続き方法

医師が診断し、鍼灸の施術を受けることを認めた医師の同意書の提出があれば、鍼灸治療も健康保険で受けられます。(書類は当院にございます)

  1. まず当院にご来院のうえ、医師への同意のお願いの文書と同意書をお受け取りください。
  2. 治療を受けている病院に行き、同意書に必要事項を記入、捺印してもらってください。かかりつけ医が無い場合は当院にてご紹介いたします。
  3. 保険申請はすべて当院で行います。受領委任の取り扱いが出来ない保険者(九電健保等)は、各自月末締めで本人請求になります。

労災・自賠責保険・その他助成金について

当院では通常の健康保険の他に労災保険や、自動車事故の自賠責保険もご利用いただけます。福岡市国民健康保険や福岡県・福岡県警察職員組合等の各種鍼灸診療助成金が使えます。

労災保険

労災保険は、業務上の事由、または通勤災害による 労働者の負傷・疾病等に対して行う保険です。労災規定の診断書を医師より受け、勤務先で療養費請求書に必要事項を記入されることにより一般の健康保険での加療と異なり、病医院と同時に鍼・灸を受けることができます。

自賠責保険

相手先の保険会社のご担当者様にに、鍼灸を受けたい旨を連絡し、当院にご相談ください。

各種助成金

『はりきゅう受療証』は各区役所の国民健康保険課へ保険証をご持参して申請書を記入いただければ即時発行してもらえます。対象者は以下のとおりです。

  • 福岡市民の方で国民健康保険をお使いの方のみ申請が可能です。
  • 後期高齢者で福岡市民の方は、どなたでも申請が可能です(月間8回、年間96回まで 初診時以外で施術ごとに1000円が助成されます)。
  • 県職、県教職、警察職員等は各互助会にて施術券が発行されます。
  • スモン等、難病にも助成金があります。